▼工事・事業紹介

地盤改良

 港湾における地盤改良とは『港湾施設として利用できる』または『企業等の立地に合うよう強固な地盤へと改良する』工事のことです。
 浚渫・埋立によって土砂が投入された土砂処分場をは、そのままの状態では間隙水を多く含み
地盤の強度が無い「超軟弱地盤」となっています。この地盤は沈下および液状化しやすい状態にあるため、この施工をします。
 当社で施工した以下の工事を御覧ください。
苅田港新松山地区用地造成(地盤改良)
工法:ペーパードレーン工法

 ペーパードレーン工法は軟弱地盤の圧密促進のため、敷き網(ネット状シート)を敷設後にサンドマットを施工し、ペーパードレーン材をドレーン打設機により打ち込みます。さらに載荷盛土をすることにより埋立土砂内の間隙水を急速に除去し、短期間で強固な地盤へと改良することが可能になります。

 サンドマットおよびドレーン打設機が載れるようにするために、下図に示すようにネット状シートを敷設します。シートは1枚が20m☓30mのもので、これを施行全区域に台船を使用して敷設していきます。シート間は全て5㎝ピッチで結合します。

 シート敷設後にサンドマットを施工し、ドレーン打設機によりペーパードレーン材を

打設していきます。

ペーパードレーン打設機

ペーパードレーン打込状況

© 2015-2019 by Wakakou co., Ltd.